フリーランスになる前や初期段階にやっておくこと

現在では田舎に住んでいたとしても、インターネットを使えば仕事ができてしまいます。

地域創生の政策と一致するので、いろいろな業種でフリーランスという働き方を始める人が多くなっています。

フリーランスの人に仕事を発注する企業も増えています。

企業とフリーランスを結ぶ業者も出てきています。

このようなことから、これから「フリーランスを目指す」という人が増えてきています。

フリーランスになる人が、フリーランスになる前や初期段階にやっておくべきことを整理しましたので参考にしてください。

クレジットカードとローン

クレジットカードは、サラリーマンで給与所得がある時に作っておきましょう。

また、同様にマイホームや車のローンを組むのもフリーランスになる前にしておきましょう。

金融機関やローン会社が審査を行うにあたっては、会社や団体に所属しているサラリーマンとフリーランスとでは信頼するレベルが変わってきます。

年収が同じだったとしてもサラリーマンが審査に通るのに、フリーランスでは通らない場合があります。

また審査には通ったとしてもフリーランスの方がローンを受けられる金額が低い場合もあります。

人脈を作っておく

フリーランスの仕事は知り合いを通して入ってくる場合が多いです。

現在では仕事をマッチングするエージェントも増えてきていますが、まだまだ人脈からの仕事が多いです。

特に独立して間もない時は、安定した仕事が少ない場合が多いので、仕事の入り口となる窓口は多いに越したことはありません。

人脈を構築するには、先輩のつてをあたったり、いろいろな交流会を通し関係を広げておくとよいでしょう。

スキルを高める

フリーランスの多くは自分のスキルで仕事をしています。

スキルが価値なのです。

だから自分の技術を高めたり、新しいスキルを増やすことによって自分の価値を高めることが重要なのです。

フリーランスはサラリーマンのように就業時間が決まっているわけではありません。

自分の時間をやりくりして、勉強したり、情報収集したり、訓練をしたりしてスキルを高める工夫をする必要があります。

もちろん、仕事を通してスキルを高めることが第一優先です。

環境を作る

今の仕事環境で最も重要なのはインターネットと言って差し支えないでしょう。

仕事を受けたり、仕事を進めていくうえで絶対に欠かせない環境です。

ネットを使いこなしていくうえで、GoogleのサービスやSNSなどに熟達しておくことが望ましいでしょう。

お客様の利用しているツールやSNSに合わせて仕事を進められないと、仕事の幅が広がらないケースもあります。

自宅住所や電話番号を公開するのを、ためらわれる場合もあるでしょう。

そのような場合には、バーチャルオフィスの利用を検討しましょう。

Uncategorized
「社保サポ」のフリーランスサポート協会はどのような協会?怪しくない?

コメント

タイトルとURLをコピーしました